ソーラーサーキットでつくる夢空間の家づくり

01_title02_title

 

01_img

家全体を断熱材で包む「外断熱工法」 ※画像1

画像1のように構造体(柱や梁)の外側から板状の断熱材ですき間なくすっぽり包み込む工法が外断熱。 高い断熱性能はもちろんですが、結露の少なさや建物の長寿命化など支持されるポイントはたくさんあります。

02_img

さわやかな室内環境をつくる「二重通気」 ※画像2

「二重通気」とは、構造を外壁材、断熱材、内装材で包み、それぞれの間にインナーサーキット(内側)と アウターサーキット(外側)と呼ばれる二つの空気の通り道(通気層)を設けることで、この通気層に通じて 熱気や湿気を外へ逃がし、さわやかな室内環境をつくります。
※写真はアウターサーキットを表しています。

03_img

断熱・気密・耐久性に優れたソーラーサーキット専用の部材

SC床下ダンパー・SC小屋裏ファン  ※画像3、画像4

SC床下ダンパー:床下ダンパーは夏は開けて通気性の良い建物にし熱ごもりを防ぎます。冬は閉じて外気(冷気)の侵入を防ぎ暖めた空気を外に逃がさないようにします。SC小屋裏ファンと同時に操作することによって大きな効果を発揮します。外気温センサーで床下ダンパーの開閉を自動で操作する「SCナビシステム」も選択できます。


SC小屋裏ファン:SC小屋裏ファンは小屋裏に集まった熱を強制的に外に排出して建物の熱ごもりを無くし、室内をさわやかな温度に保つ部材です。夏は床下ダンパーを開けSC小屋裏ファンを運転して熱を排出し、冬は床下ダンパーを閉じSC小屋裏ファンを停止して暖めた熱を外に漏れるのを防ぎます。

 

06_img   07_img

04_img

SCフォーム(板状の高性能断熱材) ※画像5

高い断熱性はもちろん、気密性・耐圧強度と透湿抵抗にも優れた断熱材です。
雨や湿気に強いので、多様な環境下で使用できます。
製造工程で、フロンを使わず、リサイクル可能な、環境性能にも優れています。


◎第6回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞 経済産業大臣賞 受賞
◎平成15年度 地球温暖化防止 環境大臣賞 技術開発・製品化部門 受賞

05_img

気密テープ ※画像6

断熱材を接着し、家の気密性を高めるテープです。耐久性はもちろん伸縮性にも優れ、構造の経年変化にも 柔軟に対応します。

 

banner_01