ソーラーサーキットでつくる夢空間の家づくり

「ソーラーサーキットの家」ってなんですか?自然の力できれいな空気をいつまでも

01_img

つまり、ソーラーサーキットの家=自然の力を最大限利用して夏も冬も快適に保つことができる建物です。機械だけに頼る一般的な高気密・高断熱の建物とはちょっと違います。


「ソーラーサーキットの家」ってどんな家? 全ての部屋を開けた瞬間感じる、変わらない気温差

02_img

1.部屋間の温度差が少なく、ストレスを感じない

「夏」に自宅に帰るとムワッと感じる不快な温度。冷房をつけてもなぜか不快。
「冬」は外より寒いと感じる部屋の温度。暖房を付けるとスゴい結露。

  こんなは経験ありませんか?


「ソーラーサーキットの家」は居室だけでなく、玄関やトイレ、お風呂、2階の廊下や部屋までも、エアコン1台で全館暖房できる断熱性能の高い建物です。

 


2.夏は、熱気から家を守り、家の中は自然と『ひんやり』
 冬は、冷気から家を守り、家の中は自然と『ほっこり』

1年中快適に過ごすには、暑さにも、寒さにも、湿気にも強い家が求められます。


●暑さに強い家は、熱気がこもらないよう、断熱性と通気性が必要です。
●寒さに強い家は、暖かさを保つよう、断熱性と気密性が必要です。
●湿気に強い家は、通気性と気密性が必要です。


この「断熱・通気」という、反する性能を両立させ、1年中快適に過ごせる家を、 「外断熱」と「二重通気」という二つの技術をあわせることで、解決しました。結露も少なく、耐久性、省エネ性にも優れた品質・性能を持つのが、「ソーラーサーキットの家」です。

 


03_title

03_img

1.外断熱は断熱材で、家全体をスッポリと包み込む事 ※図1

外断熱は基礎から壁、屋根まで、板状の断熱材でスッポリと包み込み、家全体をすき間なく断熱する工法です。 気密性と断熱性が高いので、冬は家全体が暖められ、居室だけでなく床下や小屋裏まで有効に使うことができます。例えて言うなら『建物全体がリビングのあたたかさで包まれる』といったイメージです。 また、外断熱が支持されるもうひとつのポイントが結露が発生しにくいということです。 居室と壁内の温度差が少ないため、柱など壁の中の結露が発生しにくく、家の長寿命化に貢献します。

 

※ソーラーサーキット工法は基礎、壁、屋根全てを外から断熱材で覆う完全外断熱ですが、 図のように壁と屋根だけが外断熱、壁だけが外断熱といった名ばかりの外断熱工法も見受けられますので注意が必要です。 結露発生の要因となります。

 


 04_title

04_img

1.二重通気が夏の寝苦しい夜も朝までさわやかに ※図2

二重通気とは、図2の様に外壁材と断熱材の間の通気層(アウターサーキット)と断熱材と内装材の間の通気層(インナーサーキット)と呼ばれる二つの空気の通り道(通気層)を設けた工法です。
このふたつの通気層を通して熱気や湿気を外へ逃すことで、夏さわやかな室内環境をつくります。
冬はインナーサーキットを利用して建物全体に暖気を循環させ全館暖房を可能にします。

 

05_img

2.二重通気で季節に合わせて衣替え ※図3

夏と冬に大切な役割をはたすのが、SC床下ダンパーとSC小屋裏ファンです。
このダンパーやファンを開けたり(運転したり)閉めたり(停止したり)することで、室温や湿度を調整します。

たとえば・・・夏なら、さわやかな空気が流れ込むようにダンパーを開け、
       ファンを運転する。人間にたとえれば冬服から夏服に衣替えし、
       風通しを良くし、体温がこもらないようにする。
       冬は、あたたかい熱が家の中から外に逃げないようにダンパー
       を閉め、ファンを停止する。人間にたとえれば夏服から冬服に
       衣替えし、冷気が入らないようにし、体温を閉じ込める。

といった仕組みです。太陽光や風、地熱など、自然のエネルギーを利用したシステムなので、肌にも心にも気持ちよく、また省エネの効果も期待できます。

 

banner_01