トータルハウジング夢空間

山形県鶴岡市の家づくりは高気密・高断熱専門店(ソーラーサーキットの家)トータルハウジング夢空間にお任せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら
0235-26-2373
お問い合わせ・資料請求
トップ > 更新情報 > 鶴岡市添川…ソーラーサーキットの家(県産材利用)

鶴岡市添川…ソーラーサーキットの家(県産材利用)

引渡し前に気密測定をしました!!

 

完成後、気密測定をしました!!

IMG_1540_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気密測定とは

 

建物全体にどれだけすき間があるか調べる検査です。

 

その数値を相当すき間面積(C値)で表します。

 

C値=(家全体の隙間の合計)/(建物の延床面積)

 

 

 

 

気密測定を開始してまもなく、

 

「なんか、おかしいぞ~」

 

測定に来た業者さんが言い始めました!!

 

 

「他の会社の建物だと問題ない数値なんだけど、

 

普段の当社の建物と比較すると、数値が高い」

 

との指摘がありました。

 

 

どこかが開いているんじゃないか?

 

 

と調べると

なんと、床下ダンパーが一つ開いていました!!

 

 

再度、測定やり直すと

IMG_1544_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの建物は

 

C値=0.3(㎠/㎡)

 

 

小数点第2位を四捨五入する関係もあり、

 

前回より若干数値が高くなってしましましたが

 

問題ない範囲内!!

 

そして、引渡しとなりました。

大工工事が終わりました!!

 

大工工事が完了して、

 

まもなく仕上げとなる内装工事に入ります!!

 

IMG_1310_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1312_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1314_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内・外の色合いも

 

建て主さんが悩みに悩んで決定されました。

 

完成までもう少し!!!!!

大工工事大詰めを迎えています!!

 

現在、大工工事は造作棚など、

 

大詰めを迎えています!!

 

IMG_1280_R IMG_1282_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上は、対面キッチンの両側の壁に

 

下は、階段の上り途中の壁に

 

壁の厚みを利用した棚(ニッチ)になります!!

 

 

 

筋交いという

 

柱と柱の間に斜めに施工する、耐震性に有効な部材

 

のない壁に造作できます!!

 

筋交い ↓↓

 

IMG_1190_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欠点があるとすれば

 

棚の奥行が限られてしまうことですが、

 

 

壁の厚みを利用しているため、

 

壁からの出っ張りも少なく、

 

通行の邪魔にもなりにくいです。

 

 

 

単行本やちょっとした小物を置くには

 

とても有効です!!!

大工工事頑張っています!!

 

梅雨が明け

 

毎日暑い日が続いていますが、

 

工事は内部・外部ともに進んでいます。

 

 

外部は外壁張りが始まりました!!

 

CIMG5900_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、古民家調の外壁になります。

 

 

 

内部の様子です。

 

CIMG5901_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5904_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真を見てください。

 

通常、他社さんでは壁の中(柱の間)に断熱材を入れますが、

 

当社のソーラーサーキット工法では、

 

柱の外側の白い壁に見える

 

板状の断熱材がすき間なく

 

柱を囲っています。

 

 

 

 

そうすることによって

 

壁の中(柱の間)に空気の流れを作り

 

“本当の”「夏は涼しく、冬は暖かい」(よく使われるフレーズですが)

 

家ができます!!

 

こちらが当社の特徴です!!!

気密測定をしました!!

 

先日、お施主様立ち合いのもと

 

気密測定をしました。

 

IMG_1197_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気密測定とは

 

建物全体にどれだけすき間があるか調べる検査です。

 

その数値を相当すき間面積(C値)で表します。

 

C値=(家全体の隙間の合計)/(建物の延床面積)

 

 

 

こちらの地域の基準は

 

C値=5(㎠/㎡)

 

なのですが、

 

こちらの建物は

 

C値=0.2(㎠/㎡)

 

 

気密性が高いことがわかります!!! 

 

 

 

ちなみに

 

こちらの建物の延床面積 188.79㎡(57坪) に対して、

 

(縦)約6cm×(横)約6cm

 

のすき間しかありません。

 

 

 

P.S.

気密測定の数値に問題がなかったので、

 

これから外壁工事に取り掛かれます!!

順調に進んでいます!!

 

今日も晴天に恵まれ、

 

大工工事が進んでいます!!

 

IMG_1190_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階の様子です。

 

柱の外側から包むように「断熱材」を施工しています!!

(白い壁のようなものが、断熱材です)

 

また、今回はより断熱性能の高い

 

ガラスが3枚入った“トリプル樹脂サッシ”を使っています。

 

 

IMG_1191_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階も断熱工事が終わりました!!

(白い壁のようなものが、断熱材です)

 

断熱工事が終わったので、

 

これからの夏を快適に工事できます (^^)

 

 

 

P.S.

しかし、いつも現場がすごく整理整頓されていますね!!

 

さすがうちの職人さんです (^^)v

大工工事が進んでいます!!

 

梅雨に入りましたが、

 

晴天にも恵まれ

 

大工工事が始まっています!!

 

IMG_1173_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根の断熱施工が完了しました!!

 

本日はこれから上棟式です。

 

餅まきもします (。・ω・)σ ⌒☆*

建て方が始まる前に…

 

土台敷が終わり、クレーンを使う前に

 

以前、土蔵で使用していた

 

お~きな梁 (⦿_⦿)

 

運びました ↓↓

 

IMG_1163_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいお宅でも使用するためです!

 

 

 

500kg はあるでしょうか?

 

大工さん3人+弊社社員4人

 

7人でやっと運びました o(・ω・´o)

 

 

 

後は、大工さんに加工をお願いして、

 

建て方を待つのみ!!!

基礎工事が完了しました

 

基礎の型枠が外れ、防蟻処理を行いました!!

 

防蟻処理とは、

住宅の土台や構造材にシロアリなどの被害を防ぐ処理を施すこと。

 

〇一般的な防蟻処理

シロアリを駆除する殺虫剤(駆除剤)のほか、

シロアリを寄せ付けない忌避剤を散布します。

 

いわゆるシロアリを薬で対処するのが一般的です。

 

 

 

〇当社で採用している防蟻処理

 

IMG_1144_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑↑見えますか?

 

基礎外周部にステンレス製のメッシュを巻いて

シロアリが物理的に侵入するのを防ぎます!!

 

現在、ホウ酸など一分薬剤で安全だと言われていますが、

シロアリを殺虫するレベルの薬剤なので

出来れば使用したくありませんよね。

 

当社で採用している防蟻処理は、薬剤はいっさい使用していません。

また、効き目は半永久的です!!

 

 

防蟻処理が完了した様子 ↓↓

 

IMG_1151_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間もなく、大工工事が始まります!!!!

基礎工事しています!!

 

ゴールデンウィーク明けから始まった現場は、

 

基礎工事をしています!!

 

CIMG5878_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5881_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5882_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎の立ち上がり部分に見える

 

白い板状のものは“断熱材”です!!!

 

その後、型枠を組んで

 

コンクリートを流します。

 

基礎の外周を断熱材で覆い、地熱を最大限利用しています。

 

そのため、冷暖房機器に頼りすぎなくとも、

 

「夏涼しく、冬あたたかい」家ができます (^^)